ヒートカッターとは

ヒートカッターは、熱で毛を焼き切るVIOライン専用の処理アイテムです。
そのため、V・Iライントリマーとも呼ばれています。
熱で毛をカットすると言っても、熱い部分が肌に直接当たるわけではありません。
一般的には先端部分がくし形になっているので、安心して処理できます。

ヒートカッターのメリット

カミソリやハサミで処理をすると毛先が尖るため、チクチクします。
しかしヒートカッターは毛先が丸くなるので、そのような不快な思いをすることは少ないです。
それ以外にも様々なメリットがあります。
★ローション不要でそのまま処理できる
★コンパクトだから細かいところの処理もOK
★デザイン通りに処理しやすい
小型なのでIラインなどの細かい部分も処理しやすい他、持ち運びにも便利です。

ヒートカッターにデメリットはあるの?

メリットが多いヒートカッターですが、次のようなデメリットもあります。
★焦げ臭いニオイがする
★浴室で処理できない
毛を焼き切るので、焦げ臭いニオイが気になる人が多いです。
ただ換気扇をつければ、それ程気にならなくなるでしょう。
また浴室で処理をするのは感電の危険性があるため、おすすめできません。
そもそも毛が濡れていると上手に処理できないので、浴室以外の場所で入浴前に処理したほうが良いです。

ヒートカッターの使い方

処理をする際は、毛をティッシュペーパーで拭くなどして、なるべくキレイな状態にしましょう。
どうしても入浴後が良いという人は、ドライヤーや扇風機などを使ってしっかり乾燥させてくださいね。
その後、次の手順で処理をしていきましょう。
★カットする範囲を決める
★くしの部分で毛をとかす
★処理する部分が見えやすいところに鏡を置く
★カット
★微調整
メーカーによっては初心者でもキレイに処理できるように、色々な形の型がついていることがあります。
これをVIOに貼って、その型からはみ出た部分をカットすれば、キレイな仕上がりになるのでおすすめです。
VIOの中でもIラインは特に処理するのが難しいので、大き目の手鏡を見えやすい場所に置いて処理しましょう。
ヒートカッターの使い方は、肌に押しつけないことを守れば後は簡単です。
10本くらいの毛を掴んだらカットしやすいように伸ばして、好みの長さに切りましょう。
1cm以上なら、自由に長さが選択できる商品が多いですよ。
その後全体の形や長さを見て、いびつなようなら微調整してください。
VIOの毛を全て処理するときは、Vから始めてI、Oの順番で処理するのが良いでしょう。

ヒートカッターでチクチクするけれどどうしたらいい?

毛を処理した後にチクチクするのは、毛先が尖るためだと上記でも説明しました。
特に根元近くの毛は太くなっているので、短くカットすると余計にチクチクします。
ヒートカッターで処理をすると毛先が尖らないので、本来はチクチクしにくいです。
しかし中にはヒートカッターを使っても、チクチクするという人もいます。
毛が硬かったりあまりにも短くしすぎたりすると、チクチクすることがあります。
そのためそのような人は、処理前と処理後に次のケア方法を取り入れましょう。
★アンダーヘア用のトリートメントを塗る
★蒸しタオルで処理する部分を温めてからカット
★処理した後は保湿をする
★短くカットしすぎない
毛を柔らかくすれば、チクチクするリスクを少なくすることができます。
アンダーヘア用の保湿アイテムは増えてきているので、使用して保湿を心掛けましょう。
また毛が太くなっている部分でカットしないように、少し長めにカットするのもおすすめです。
もしそれでもチクチクする場合は、市販のかゆみ止めを塗りましょう。
その際は必ず、デリケートゾーン専用の商品を使用してくださいね。

ヒートカッターの口コミ

ヒートカッターを使っている人は多いので、口コミも多数あります。
その中からいくつかの口コミを見ていきましょう。

・チクチクしなくなった

最初は小さくておもちゃみたいだと思ったので、本当にこれで綺麗に処理できるのかな?と思っていました。
少しずつしか処理できませんが、きちんと隅々まで処理できるので満足しています。
それにあの嫌なチクチク感もないので快適です。(30代女性)

・生理のときの不快感が減った

他のアイテムもチェックしましたが、Iラインに使用するのは抵抗があるものばかり。
だからと言って、クリニックで脱毛してもらうのも恥ずかしいと思っていました。
ヒートカッターは良い口コミが多かったので先日思い切って購入し、今は月2回のペースで使用しています。
かなり短く切ることができますし、おりものの量が多いときや生理中も清潔な状態を保つことができています。(20代女性)

・熱くも痛くもない!

デリケートな場所に熱を当てるのは怖いと思っていたのですが、カバーがついているので使ってみたら熱くありませんでした。
またバリカンのように毛が巻き込まれたらどうしようという怖さもありましたが、痛みも全く感じませんでした。
ただ臭いは少し気になります。
気になるのはその点だけなので、これからも使い続けます。(30代女性)
臭いが気になるという感想はありましたが、それ以外は好意的な口コミが多かったです。

ヒートカッターのおすすめは?

ヒートカッターを選ぶ際は、先端のくしの部分の大きさをチェックしましょう。
くしが大きいものや小さいもの、つけ替えができるものなどがあるので、自分の毛量や使いやすさを考えて選ぶのがおすすめです。
初めてヒートカッターを使う人は、くしの部分が小さいもののほうが良いです。
小回りがきくので失敗しにくいですよ。

初心者から上級者まで使えるアイテムが揃う!ラヴィア

ラヴィアには、3種類のヒートカッターがあります。
★Vライントリマー
★プティコ
★Vライントリマーフローラ
これらのうちコンパクトタイプで人気があるのはVライントリマーですが、初心者向けなのはプティコです。
カットする毛の長さが他の商品よりも長めになっているので、肌を傷付ける心配がありません。
Vライントリマーフローラは上級者向け。
くしの部分が大きく、1度に約30本ずつカットできます。

顔のムダ毛処理にも使える!パナソニック エチケットカッター

ヒートカッターではありませんが、パナソニックのエチケットカッターは1台で顔の色々な部分のムダ毛が処理できます。
エチケットカッターは通常鼻毛の処理に使用しますが、眉毛や耳毛、髭の処理にも使うことができるんですよ。
先端部分が小さいので、眉毛などの繊細な処理が必要な場所も失敗しにくいです。
また処理した毛は機械の中に吸い込まれていくので、後処理の片付けも楽。
処理後は先端部分を水洗いすれば、清潔に保てます。

メンズ用のヒートカッター

ヒートカッターはレディース用だけでなく、メンズに対応するものもあります。
男性は女性よりも毛が硬く量も多いため、悩みも多いようです。
★ムレる
★ニオイが気になる
★絡まる・引っ張られる
これらの悩みがあるからと言ってカミソリやハサミでカットすると、毛が太くて硬い分女性よりもチクチクしてしまうでしょう。
脱毛サロンで処理しようと思っても、女性スタッフが多いため抵抗がある人が多いです。
そのため、男性もヒートカッターで処理をするのがおすすめです。

メンズにはケディオスのヒートカッターがおすすめ

ケディオスのヒートカッターはメンズ用なので、太くて硬い毛にも対応します。
レディース用と同様に先端がくし形になっているため、強く押しつけなければ火傷の心配もほぼありません。
10本程の毛を握って伸ばしてから、くし形の部分を毛に当てましょう。
大体男性は女性よりも毛量が多いですが、1度にたくさんの毛をカットするのではなく少量ずつ丁寧にカットしてください。
カットするときはスイッチを押せばOK。
スイッチから手を離すとOFFになります。
そのため、カットしすぎたり形がいびつになったりする可能性が少ないです。
コードレスタイプなので、持ち運びもできます。
レディース用とは違いブラックカラー1色なので、男性が持っていても違和感がありません。