おでこ脱毛とは

顔の脱毛をするのは一般的になっていますが、最近は特におでこ脱毛に関心を寄せる人が多いようです。
おでこ脱毛では、髪の生え際やおでこ全体の産毛をキレイに整えていきます。
そのため、今まで額が狭かったり産毛が多かったりして額を出せなかった人に特におすすめです。
プロに希望の生え際をリクエストすることもできるので、憧れの芸能人のおでこに近づくこともできますよ。
またおでこ脱毛をすると、次のようなメリットもあります。
★清潔なおでこを保てる
★明るい雰囲気になる
★化粧のノリが変わる
おでこ脱毛をすると、おでこを出すヘアスタイルをすることが多くなるでしょう。
そのため雑菌が繁殖しにくくなって、ニキビや吹き出物ができにくくなります。
またおでこを出すと、顔の印象も明るくなることが多いです。

おでこ脱毛で人気のデザイン

生え際のデザインを変えたいのならば、おでこ脱毛で人気のデザインを参考にしてみましょう。
3種類の型が今のトレンドです。
★丸型
★富士額型
★M字型
顔の輪郭が卵型や丸顔の人には、丸型のデザインが向いています。
より優しくて女性らしい印象になるでしょう。
脱毛をする際は、なだらかなアーチを描くようにするのがポイント。
あまりにも脱毛をしすぎるとカツラのような不自然な印象になるため、脱毛しすぎないように注意が必要です。
富士額型は古くから美人の象徴とされてきたため、今でも人気があります。
ただどちらかと言うと、和の印象を持たれることが多いです。
そのため大人っぽい雰囲気を出したい人や、着物をよく着る人などに向いています。
M字型は富士額型と似ていますが、富士額型よりもおでこの露出が多いです。
ポニーテールなどのアップスタイルや、かき上げヘアなどが似合います。
ただ理想の生え際だからと言って、それが必ずしも自分に似合うとは限りません。
ですから、できればサロンやクリニックなどのおでこ脱毛に慣れている人の意見を聞いてから、脱毛をおすすめします。
自分で脱毛をする場合は一気にするのではなく、顔の印象を見ながら少しずつ脱毛していきましょう。

おでこ脱毛で失敗しないためにはどうすれば良いの?

おでこ脱毛に失敗すると、他の部位よりも失敗に気づかれやすいです。
自分で脱毛をする場合は失敗することが多いので、注意しましょう。
ではどのような失敗例があるのか見ていきましょう。
★形が不自然
★伸びかけの毛がチクチクする
★肌トラブルが起こる
自分で脱毛をするときにカミソリを使用すると、毛を剃りすぎてしまうことが多いです。
そうすると剃り込みのようになったり、カツラのような不自然な生え際になったりします。
おでこの広さが顔全体の3分の1になるように計算して、カミソリ以外のアイテムを使って慎重に処理しましょう。
失敗を少なくするためには、自分で処理するよりもプロで任せるのがおすすめです。
どの方法でおでこ脱毛を行っても、脱毛した後は肌がデリケートな状態になっています。
そのため処理後は乾燥しやいように、化粧水やクリームなどでの保湿が大切です。
またバリア機能が弱まっているため、紫外線の影響も受けやすいです。
外出するときは、日焼け止めクリームや帽子、日傘などで紫外線対策も万端にしてくださいね。
そうすれば、肌トラブルも起こりにくくなるでしょう。

芸能人もおでこ脱毛をしているって本当?

芸能人を見ていると、あの人のおでこは素敵だなと思うことがありますよね。
芸能人には、丸形やM字型のおでこが多いです。
生まれつきそのような人もいますが、実はおでこ脱毛をしてキレイなおでこにしている人も多いんですよ。

ダレノガレ明美も実践

芸能人のダレノガレ明美も、SNSでおでこ脱毛をしたことを公言しています。
以前のおでこと比較すると、産毛のないM字型のキレイな生え際になっているのが一目瞭然です。
また顔のツヤや明るさもアップしたように見えます。

セルフのおでこ脱毛

はじめておでこ脱毛をする場合や脱毛範囲が少ない場合は、セルフでおでこ脱毛をするのも良いでしょう。
セルフでおでこ脱毛をする際の脱毛方法を紹介していきますね。
★カミソリ
★毛抜き
★脱毛クリーム
★除毛クリーム
★ワックス
★脱毛テープ
★抑毛ローション
カミソリは手軽ですが、前述したように剃りすぎたりチクチクしたりするデメリットがあります。
また毛抜きも簡単な処理方法ですが、抜き続けると毛嚢炎や埋没毛などの肌トラブルが起こる可能性が高いです。
顔は特に痛みを感じやすいので、毛を抜くときの痛みに我慢できない人もいるでしょう。
除毛クリームは毛を溶かす薬剤を使用しているので刺激が強く、肌が弱い人は肌荒れを起こす危険性があります。
それでも使用する場合は、必ず顔用の除毛クリームを使用するようにしましょう。
脱毛クリームや脱毛テープ、ワックスなどは、必要な皮脂や皮膚の表面の膜まで剥がしてしまいます。
顔の皮膚は身体の皮膚よりも薄いので、赤くなったり痒くなったりする可能性があります。
そのため、上記の脱毛方法の中では最もおすすめできません。
セルフでおでこ脱毛をするときは、抑毛ローションなどの皮膚に優しいものを使用するのが良いでしょう。
脱毛作用は緩やかですが、その分仕上がりが自然です。
また大豆イソフラボンのエストロゲン作用を利用して抑毛に導く商品が多いため、肌にも優しいんですよ。

おでこ脱毛おすすめサロンクリニック

おでこを広げたい人や産毛の量が多い人には、エステサロンやクリニックでの脱毛がおすすめです。
おでこを広げたり生え際を変えたりする場合は、照射パワーの強いマシンを使用するクリニックが良いでしょう。
産毛の脱毛はクリニックとサロンのどちらでも行えますが、かかる期間は異なるのでよく確認してくださいね。

早く理想のおでこを手に入れたいならアリシアクリニック

アリシアクリニックでは威力の強い医療レーザーを使用するため、ほとんどの場合サロンよりも脱毛回数が少ないです。
部位別のプランが用意されていて、脱毛し放題でも52,800円なので気軽に脱毛できるでしょう。
アリシアクリニックでは、大体7~8回くらいの施術で満足する人が多いです。
8回のプランだと39,600円と、さらに手頃な料金になります。
アリシアクリニックの顔脱毛で明るい顔になれる?効果や料金など

ついでに全身脱毛をしたいという人にはキレイモがおすすめ

キレイモには、顔だけの脱毛プランや部位別のプランはありません。
16~18回ほどで自己処理が必要ないと感じる人が多く、仮に18回プランに申し込んだ場合の料金は290,700円です。
少し高額になりますが、顔は美肌作用があると言われるフォトフェイシャル用のマシンで脱毛できます。
脱毛以外のプラスαのケアも同時に行えるので、人気が高いんですよ。
キレイモの顔脱毛の値段。特長とおすすめのコースについて

おでこ脱毛の相場、回数

一般的にサロンとクリニックでは、サロンのほうが費用は安いです。
ただ、おでこの脱毛のみを行う場合は、そうとも言い切れません。
なぜなら、サロンでは部位別の脱毛を行っていないことが多いからです。
クリニックでは顔脱毛プランの他、部位別の脱毛プランを用意していることが多いため、手頃な料金で脱毛できます。

おでこ脱毛の値段の相場

サロンの顔脱毛の値段は、4~6回のコースで30,5000円以上~60,000円未満というのが相場です。
部位別の脱毛を行っているサロンはあまり見かけないので、他の部位も一緒に脱毛したいという人に向いています。
クリニックの値段の相場は、おでこ脱毛の場合5回で30,000円ほどです。
1回ごとに料金を支払うシステムになっているクリニックもあります。

おでこ脱毛にかかる回数は?

サロンで使用するマシンは照射パワーが弱いですが、その分痛みが少ないメリットがあります。
ただおでこ脱毛に満足するまでには、10~20回ほど施術が必要だと覚悟しておいたほうが良いです。
自分のペースでゆっくり脱毛したい人に向いているでしょう。
クリニックは照射パワーが強いマシンを使用する分痛みを感じやすいですが、通う回数はサロンの半分くらいで済むケースがほとんど。
6~8回ほどで、自己処理が必要なくなると実感する人が多いです。