手っ取り早く顔脱毛をしたいという場合は、自己脱毛をするのが一番早い方法だと考えられます。
ただし自己脱毛を行う場合はリスクも高くなりますので、十分注意しなければいけません。
肌に何らかのトラブルがある時は絶対に処理しないで下さい。

毛抜き

ムダ毛の処理では一番なじみある方法です。その場で見える毛を抜いていくので即効性もあります。
ただ、毛根から無理やり毛を引っこ抜くことで大きく肌を痛めてしまいます。肌の内部の毛球や表皮層、真皮層など皮下組織にも大きなダメージを与えてしまいます。この傷に雑菌や酸化が入ってしまうと毛穴や周りの皮膚が炎症を起こしてしまうこともあります。

カミソリ

自己脱毛をする時に多くの方が選ぶのはカミソリを使用することです。コストも安く、気が付いた時にすぐ処理することができるので、とても手軽な点が大きな魅力です。
しかし注意しなければいけないのが、毛と一緒に皮膚の一部も一緒に削ってしまうことです。シェービングクリームなど、何も付けずに剃るのが一番NGです。何もつけずに脱毛を行うと、肌のバリア機能が失われてしまい肌トラブルが起こりやすく、傷が付くことで色素が沈着し、いつまでも跡が消えない状態になる可能性も考えられます。細心の注意を払って肌トラブルが起こらないように注意しましょう。肌の上で滑らせると、皮膚を切ってしまうので危険性が高いです。カミソリ負けで肌がカサカサになる、くすんでしまうというデメリットもあります。

電動シェーバー

肌への負担が少ないように作られているので、自宅での自己処理には適しています。レディースシェーバーなどは脱毛サロンでもよく使われています。ただ、肌に強く押し当てるなどすると肌を傷つける恐れがあるので注意が必要です。市販のもので充分です。

ブラジリアンワックス

脱毛ワックスを使用しても手軽に産毛処理することができます。
デリケートゾーンやアンダーヘアの処理によく使われるワックスです。ワックス自体は肌に優しい成分で作られていて、顔に塗ること自体は負担にはなりません。海外では一般的に使われていて、金髪、肌が弱いために脱毛のマシンを使えない女性でも脱毛できる点がメリットです。ただ、永久脱毛はできないので、毛はまた生えてきます。

ワックスを剥がす時に肌に大きなダメージを与えてしまう可能性が高いです。ワックスは産毛を無理やり引き抜くので毛穴が開きっぱなしになり、処理と同時に角質の一部を剥がしてしまっている可能性が高いです。カミソリでの処理と同様に、肌トラブルが起こりやすい脱毛方法となります。

脱毛クリーム

脱毛クリームはどんどん進化をしていて、今では顔に使える専用のクリームも生まれています。
除毛クリームは肌表面に現れているムダ毛を溶かして取り除くものです。これは即効性があり、見た目もきれい、毛抜きのように肌を傷つけることはないというメリットはあります。
ただ、顔に使うのは、毛を溶かすほどの強い成分なので避けましょう。
また、脱毛クリームと表記されている場合、即効性はなく、使い続けるうちに毛が細くなる、産毛が減っていくという抑毛ローションに近い働きで作られています。なので、即効性はありません。
顔用に作られている場合、一般のスキンケアクリームのように肌には優しいと思われるので空かうこと自体は問題ないと思います。ただ、効果は不明です。
顔の脱毛クリームってある?産毛のセルフ脱毛の注意点

家庭用脱毛器

時間を気にせずいつでも照射できるのがメリットです。
エステやクリニックが混雑していて予約が取れない、仕事が忙しくて店舗へ行く時間が取れない、通い続けるのは面倒くさい、という人には気軽に本格的な永久脱毛ができて肌への負担も少ない家庭用脱毛器は人気です。

ケノン

69,800円
光脱毛の家庭用マシンで、人気の製品。コスパがいいので、長い目で見ればお得に脱毛が出きます。カートリッジを付け替えればフェイシャルの美顔器にもなるので一石二鳥で、ケノンを選ぶ女性が多いです。全身脱毛に使えるのでいろいろな個所を脱毛したい人に向いています。
口コミでも評価が高いのでヒット商品です。
追加カートリッジは避けられない
脱毛器の照射できる回数は決まっていて、寿命がきた場合、交換式のカートリッジを散り変える必要があります。このカートリッジ代が気を付けないと本体価格以上にかかることもあります。

トリア

54,800円
家庭用レーザー脱毛器
クリニックで使われているダイオードレーザーを自宅でも使えるマシン
FDA(厚生労働省に当たるアメリカの政府機関)の認可を受けているマシンなので安全性や信頼性も高いです。
4Xとプレジションの2タイプがありますが、
鼻下や口周りの脱毛に使えるように作られているのがプレジションです。
病院のレーザー器に比べると出力はやはり低いのですが、実際にレーザーを自宅で使えるのは大きな魅力です。
永久脱毛も期待できます。
カートリッジは必要なくランニングコストがいいです。充電は300~500回は使えるので数年は使用できます。
30日間返金保証
2年間保証

パナソニック光エステ

水原希子さんのCMでおなじみの人気マシン。日本製の機械なので安心感があります。
脱毛機ではなく、美顔器ですが脱毛器として人気が高い製品です。
家電メーカーのパナソニック製なので製品の質もしっかりしていて安心感は高いです。フラッシュ脱毛でトリマー機能付きなので長く伸びたムダ毛を短くしてから照射できます。
ヒゲ、鼻より上の部分は使用禁止となっているので顔脱毛にはあまり適していないとも言えます。
ES-WP80
ES-WH95
ES-WH75
顔脱毛するときの家庭用脱毛器の選び方

顔の産毛を自分で処理する事のデメリット

産毛を自己処理するというのは、いつでも好きなときにできる、即効性がある、コストがかからないなどのメリットがあります。
ですが、これらのメリットよりもデメリットの方が多いということをきちんと知っておきましょう。

肌トラブル

産毛を自分で処理するデメリットで、もっとも気をつけなくてはいけないのが肌トラブルです。
自己処理の方法はいろいろありますが、産毛は毛抜きや除毛クリームなどでの処理が難しいので、カミソリや電気シェーバーを使うのが一般的です。
カミソリや電気シェーバーというのは、産毛を剃ると同時に肌の表面の角質層まで削り取ってしまいます。
角質層は肌を守るバリア機能の役割も持っているので、それを削ってしまうということは、外部からの刺激をダイレクトに受けてしまうことになるのです。
外部の刺激というのは、紫外線のダメージや大気中のホコリ、洋服の繊維、髪の毛などあらゆるものがあるため、常に肌はダメージを受け続ける状態になってしまいます。
そのため、肌荒れや乾燥、炎症などが起きやすくなってしまうというリスクがあるのです。

色素沈着

また、自己処理を繰り返していると、その刺激によってメラニン色素が大量に発生して色素沈着を起こすこともあります。
これは産毛が生えている毛穴に起こることもありますし、肌全体に起こって黒ずみの原因ともなります。
このような状態になったら、産毛がなくなっても綺麗とは言えないので処理する意味がなくなってしまいますね。
さらにカミソリなどでの処理は鋭角に産毛を切断するため、毛が濃くなってしまったり、毛穴が傷ついてぶつぶつが出来てしまったりもします。

埋没毛の危険がある

毛抜きで抜く自己処理や、ブラジリアンワックスなどのセルフ処理では、埋没毛になる恐れがあります。毛を抜くことで毛根部分に毛が残った状態で毛が分断して残ってしまい、その状態のまま毛穴がふさがってしまうということが起きます。
肌の表面に毛が出てこないで、内部に埋もれたまま生えていき、黒いポツポツだけが目立ってしまう。
こうした埋没毛は素人のセル処理の失敗が大きな原因です。

保湿ケアだけでは不充分

産毛処理の情報の中には、自己処理をしても保湿ケアをきちんとすれば大丈夫、なんて無責任なものもあります。
しかし、自己処理のダメージは思っている以上に大きく、保湿ケアをしてもそのダメージはどんどん蓄積されてしまいます。
これがずっと続けば、その時は大丈夫でも肌の機能はどんどん低下してトラブルが起こりやすい肌になってしまうので、自己処理はデメリットだらけとも言えるのです。

まとめ

自己脱毛の場合はどうしても肌トラブルが起こりやすい方法が多いので、できるだけ肌に負担をかけないよう、頻繁に処理しないようにして下さい。
処理後は非常にデリケートな状態になっていますので、しっかりと化粧水やクリームをたっぷりと使って保湿ケアを行うようにして下さい。
肌のダメージを早く回復させるためにも新陳代謝アップを意識して、生活習慣にも気をつけましょう。

⇒プロに任せて安心!おすすめ顔脱毛ランキング特集